アロマテラピールームアロマの基本エッセンシャルオイル(精油)とは>エッセンシャルオイル(精油)とアロマオイルの違い

エッセンシャルオイル(精油)とアロマオイルの違い

エッセンシャルオイル(精油)とアロマオイル。どちらも似たようなものと思っている方も多いかと思います。ですが、この二つは似ていて非なるものです。アロマオイルを精油と同じように使用すると重大な問題が発生する可能性もあります。ここではエッセンシャルオイル(精油)とアロマオイルの違いを説明します。

スポンサーリンク

エッセンシャルオイル(精油)は100%天然のもの

まず、エッセンシャルオイル(精油)は100%天然のものにのみ許されます。商品裏のラベルに「精油」「エッセンシャルオイル」と書かれているものは100%天然ということになります。

その一方でアロマオイルはそうではないもの。ということになるわけです。
エッセンシャルオイル(精油)を複数ブレンドしたもの、他の化合物を配合したりしたものが該当します。くくりとしてはアロマオイルの方が大きく、その一部にエッセンシャルオイル(精油)が存在するという形になります。

 

そのため、エッセンシャルオイル(精油)は非常に高価であることが多いです。
一方のアロマオイルの価格帯はかなり差があります。高価な精油をブレンドしたものもあれば、合成香料を適当なオイルに混ぜたものというものまであるからです。

 

どちらが悪いというわけではないが、用途には注意が必要

基本的にエッセンシャルオイル(精油)は肌につけることができます。コスメやアロマバスなどに使うことができるのはエッセンシャルオイル(精油)です。

その一方でアロマオイルは肌につけることは想定されていません。そのため、雑貨という扱いになり、用途としては「芳香浴(香りを楽しむ)」ということに限定されます。

ちなみに、エッセンシャルオイル一覧のページでは各精油の効果なども記載していますが、これは植物由来のオイルの効果であるため、合成香料によるアロマオイルを使っても効果は得られません。

また、合成香料+オイルのアロマオイルを肌に塗ったりすると肌荒れなどの原因となりかねませんので注意が必要です。

アロマオイル・精油を購入する場合はその商品が「アロマオイル」なのか「精油(エッセンシャルオイル)」なのかをしっかりと把握した上で利用するようにしてください。

 

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」