アロマテラピールームアロマテラピーの資格と仕事> アロマテラピー関連の仕事>アロマテラピーインストラクター

アロマテラピーインストラクター

アロマテラピーに関連した仕事は、その種類も様々です。ここでは【アロマテラピーインストラクター】について、その仕事内容や、アロマテラピーインストラクターの目指し方などを解説していきます。

スポンサーリンク

アロマテラピーインストラクターの仕事とは?

アロマテラピーインストラクターとは、アロマテラピーの専門講師として、アロマに関する正しい知識の指導や教育などが主な仕事です。

アロマテラピー専門のスクールや、カルチャースクール、地域の文化教室などが主な仕事場所になります。医療機関や社会貢献を目的としたボランティアなどで、アロマの知識を指導・教育する事もあります。

アロマを第3者へ指導するとあって、精油の特徴や性質をはじめ、生理学や人体に及ぼす影響など、より高度で幅広いアロマの知識が必要となります。

アロマテラピーインストラクターのなりかた

アロマテラピーインストラクターになるには、アロマセラピストとして十分な経験を積み、講師としての適正など条件が満たされれば、講師として採用される事があります。

アロマテラピーインストラクターの資格とは

国内にある各アロマテラピー協会が発行している認定資格も様々ありますが(「主なアロマテラピー協会」参照)、ここでは「社団法人 日本アロマ環境協会」発行のアロマテラピーインストラクターについて解説します。

 【資格概要】
プロのアロマテラピーインストラクターとして、アロマテラピーに必要な安全で正しい知識、実践方法などを、一般の方またはアロマセラピストなどに対し指導するのに適した認定資格です。

専門スクールやカルチャースクールなどの講師として、またはボランティアとして、アロマテラピーの教育活動に携わるためには取得しておくと便利でしょう。

 【資格取得までの流れ】
アロマ・アドバイザーの資格を取得した後、 アロマ・インストラクターの講座カリキュラムを修了し、アロマテラピーインストラクター試験を受験します。

試験に合格後、登録手続きを済ませることにより、アロマテラピーインストラクターの資格認定証が発行されます。

アロマテラピーインストラクターになると、アロマ・アドバイザー養成コースの講師、ならびに認定教室を開催することが出来ます。 (認定教室の開催には別途、審査を受ける必要があります)

   「アロマテラピーアドバイザー資格取得」
            ↓
   「アロマテラピーインストラクター試験申込(例年3月/9月)」
            ↓
   「アロマテラピーインストラクター1次試験(筆記試験)/2次試験(小論文など)受験」
            ↓
   「アロマテラピーインストラクター合否判定」
            ↓
   「アロマテラピーインストラクター認定書発行」

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報