アロマテラピールームアロマテラピーの資格と仕事>アロマテラピー関連の仕事>アロマセラピスト

アロマセラピスト

アロマテラピーに関連した仕事は、その種類も様々です。ここでは【アロマセラピスト】について、その仕事内容や、アロマセラピストの目指し方などを解説していきます。

スポンサーリンク

アロマセラピストの仕事とは?

アロマセラピストとは、専門のアロマテラピーサロンやエステなどで、お客様に対しアロマオイルを使ったトリートメント施術を行なったり、精油に関する正しい知識をアドバイスをするお仕事です。

実際にお客様に接してアロマテラピーを行う職種ですので、精油などの知識や取り扱い方から、人体生理学、またはアロマテラピーが人体に及ぼす影響など、正確で幅広い理解が必要とされます。

またアロマセラピストは、お客様と実際に接する仕事ですので、アロマテラピーの知識や技術のみならず、コミュニケーション能力や、他人に対する思いやりや気遣いを持ち合わせているかなども問われるでしょう。

ストレスがなにかと多い現代社会では、リラクゼーションや癒しへの関心が高く、専門のアロマテラピーサロンはもちろん、ホテルや温浴施設、また、整体や病院など各種の治療施設など、幅広くアロマ トリートメントを取り入れるところが増えていますので、アロマセラピストの活動するフィールドはもっと広まっていくでしょう。

アロマセラピストの目指し方

アロマセラピストを目指すには、まずはアロマテラピーに基礎知識をしっかり学習する事をおすすめします。独学やスクールなど自分にあった勉強法を見つけてみましょう。

日本では、アロマセラピストに関する国家資格などの「公的資格」などがないのが現状です。
その分、お客様に対し適切なアドバイスやトリートメントをアロマセラピーの正しい知識を身につけるため、また、お客様からの信頼感を得るという観点からも、各アロマ協会が発行する資格を取得する事が原則となるでしょう。

アロマテラピーに関する正しい知識を理解し、資格を取得したら、ボディケアやフェイシャルなどのトリートメント施術法を身に付けていきます。身近な人やボランティアなどで経験を積み、アロマセラピストとして就職、または独立・開業などでスキルアップをするのが一般的です。

アロマセラピストの資格とは?

国内にある各アロマテラピー協会が発行している認定資格も様々ありますが(「主なアロマテラピー協会」参照)、ここでは「社団法人 日本アロマ環境協会」発行のアロマセラピストについて解説します。

 【資格概要】
プロのアロマセラピストとして、第三者に対しトリートメント施術やアドバイスなどを提供できる能力を認定する資格。アロマテラピーサロンやスパ、医療機関などで実践するのに適した資格です。
     
 【資格取得までの流れ】

   「アロマテラピーアドバイザー取得」
            ↓
   「アロマセラピスト学科試験申込(例年5月/11月)」
            ↓
   「アロマセラピスト1次試験(筆記試験)/2次試験(小論文など)受験」
            ↓
   「アロマセラピスト合否判定」
            ↓
   「アロマセラピスト学科合格後、2年以内に実技試験」
            ↓
   「アロマセラピスト実技合格」
            ↓
   「アロマセラピストとして認定」
           

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報