アロマテラピー関連の仕事

実際に、アロマテラピー関連した仕事にはどんなものがあるでしょうか?また、その仕事に就くにはどうしたらよいでしょう?
ここでは、アロマテラピーに関連した仕事と、その為の方法などを解説しています。

スポンサーリンク

アロマテラピーの仕事とは?

アロマテラピーアドバイザー(ショップのスタッフ)、アロマセラピスト(施術者)、アロマテラピーインストラクター(講師)など、アロマテラピーに携わる職種も様々。
アロマテラピーの商品説明やアドバイス、お客様に対するトリートメント施術、知識や技術の指導・教育など多岐にわたります。
いずれの職種も、アロマテラピーの幅広い知識や正しい技術が必要とされます。

働く場所

 【アロマテラピーショップ】
アロマテラピーに関連した商品を取り扱うショップにて、精油やアロマの関連商品について具体的なアドバイスや接客、販売などを行います。

 【アロマテラピーサロン/エステ/整体】
専門のアロマテラピーサロンやエステなどで、お客様に対しアロマトリートメント施術を行います。
最近では、整体や温泉施設、ホテルなどでも、アロマ トリートメントを取り入れられている事から、その就業場所は幅広くなってきています。

 【専門スクール/カルチャースクール】
アロマテラピーの専門講師として、アロマに関する正しい知識を指導・教育などを行います。
アロマテラピー専門のスクールや、カルチャースクール、地域の文化教室などが仕事場所になります。

 【アロマテラピーに関連した業務を行う企業/施設/団体など】
アロマテラピーに関する事務的作業や、企画広報などを行います。アロマテラピーを導入している各医療機関や関連企業などで業務につきます。アロマの深い知識はもちろん、各業務に伴う一般的な能力も求められます。

 【自宅など】
アロマテラピーの技能を活かし、自宅の一室をサロンとして運営するなど、自ら独立開業して業務を行います。

雇用形態

アルバイト、フルタイム、独立開業と様々なパターンがあります。今後、様々なフィールドでの需要が伸びていくと考えられている業種ですので、これらかも様々な雇用形態が出てくるでしょう。ライフスタイルに合わせて働き方を選びましょう。


仕事の就き方

アロマテラピーの資格」のページでもお話したとおり、アロマテラピーには、国家資格などの「公的資格」は特に存在しないのが現状です。

ただしその分、アロマテラピーに関する正しい知識をどれだけ理解しているかが重要となってきます。
実際にアロマテラピー関連の求人は、有資格者が優遇されるケースも多いようです。

アロマテラピーに関する知識の信頼性を高めるためにも、理解度を測定する認定試験の取得はとても有利になるでしょう。

必要な知識や技術が身に付いたら、就業やボランティアなどで経験を積んでいきましょう。
インストラクターなど更なるスキルアップを目指す人は、それらの経験が必要となってきます。

向いている人、適正など

働くフィールドにもよりますが、基本的には人と接する機会が多い仕事ですので、コミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。

また、人の面倒を見たりお世話をする事が好きな人、気遣いの出来る人、感性の豊かな人なども適正があります。
また1つの目標に向かって努力の出来る勉強熱心な人、向上心のあるポジティブな人も向いています。

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報