サンダルウッド(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


サンダルウッド

和名で「白檀」というとなじみ深いのではないでしょうか?お香や線香に使用される、日本人にとっては大変なじみの深い香りといえます。古くから寺院の建材・仏像・仏具などの材料に使われており、宗教儀式にもよく用いられる木です。トップノートが弱いため多くつけすぎがちですが、香りが残りやすいのでつけすぎには注意を。
スポンサーリンク
学名:
Santalum Album
科名:
ビャクダン科
抽出部位:
心材
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
鎮静・催淫・鎮咳・利尿・収斂・皮膚の軟化・心臓強壮・抗菌・抗ウイルス
香りの種類:
ウッディ(樹木)系
ノート:
ベース
香りの度合:
相性の良い精油:
ネロリ・ローズ・ジャスミン・ゼラニウム・フランキンセンス・イランイラン・サイプレス・ラベンダー・レモン など
※注意・禁忌※:
・妊娠中の使用は避ける
・重度のうつ状態のときは他のオイルとのブレンディングをする
・香りが残りやすいので、衣類に付かないように注意
心への作用:
緊張・不安を鎮めるのに最も有効な精油です。鎮静と催淫作用で、心を鎮めます。かねてより、瞑想の際に使われる香りです。心のバランスを調和します。
身体への効果:
泌尿器系、呼吸器系、感染症に
肌への作用:
固く凝り固まった肌を柔らかくします。オイリー肌にも

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報