柚子(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


柚子

日本原産の和精油。和精油といえばヒノキとユズが有名です。わたしたちにとってはとても馴染み深い、ほっとする香り。日本では昔から「ゆず湯」としてお風呂にいれて楽しんできましたよね。ゆず湯もある意味ではアロマテラピーのひとつと考えられるのではないでしょうか。ご高齢のかたにもなじみやすい香りなので介護の場面で使われる方もいらっしゃるようです。
スポンサーリンク
学名:
Citrus junos
科名:
ミカン科
抽出部位:
果皮
抽出方法:
圧搾法
主な作用:
鎮痛・発汗・血流促進・加温・食欲増進・健胃・収斂・癒傷・抗菌・抗ウイルス・防虫
香りの種類:
柑橘系
ノート:
トップ
香りの度合:
相性の良い精油:
ジンジャー・マンダリン・ネロリ・オレンジ・プチグレン・ラベンダー・サンダルウッド・パイン・ローズマリー
※注意・禁忌※:
・光毒性があるので、塗布後は紫外線を浴びないようにすること
心への作用:
心をほっと温め、和らげたいときに。リラックスしたいときに
身体への効果:
身体を温める作用が高いので、冷え性・肩こり・腰痛・リウマチ・マタニティケアとして
肌への作用:
ふけの予防・育毛に

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報