アロマテラピールーム精油を探す>好きな香りの種類で選ぶ

好きな香りの種類で選ぶ

あなたの好きな香りはどんな香りですか?ここではそんなときにぴったりな香り別のエッセンシャルオイル(精油)や、ブレンドのレシピをお教えします。

スポンサーリンク

エッセンシャルオイル(精油)の香りの種類

精油はその抽出部位によって、柑橘系・フローラル系・ハーブ系・ウッディー(樹木)系、スパイシー系、樹脂系に分かれます。そして、動物系の香料に似た感じの甘くて思い香りの系統をオリエンタル系と呼んでいます。精油の香りは、大きく分類してこの7種類に分けられるんですよ。

柑橘系
柑橘類の果物の皮から抽出される(葉のものもある)爽やかでフルーティな香りのことを柑橘系と呼んでいます。

樹木(ウッディ)系
樹木の皮・葉・枝などから抽出される、森林を彷彿とさせるようなフレッシュで清潔感のある、やや鋭い感じの香りです。

樹脂系
木の樹脂から抽出される、重めで重厚感があるけど穏やかな香りなのが特徴です。

ハーブ系
ハーブの葉や種から抽出した、薬草のような少しほろ苦さの残る香りをハーブ系と呼んでいます。

フローラル系
花から抽出する(中には葉から抽出するものもある)やわらくて優しい、甘い香りのことをフローラル系と呼びます。

オリエンタル系
動物性の香料を思わせる重くて甘い香り。東南アジアを彷彿とさせる神秘的な香りです。採取される植物の地域から、オリエンタル系と呼ばれています。

スパイス系
スパイス類の実・葉などから抽出させるピリッとした刺激のある香りです。お料理に使う香辛料を柔らかくしたような感じです。

 

香りのブレンド


アロマに慣れてきたら、自分の体調に合わせたり、その時の気分で香りを作ったり…とブレンドをしてみましょう。
初めはレシピを見ながらブレンドすると良いですが、だんだんと自分でブレンドをしたくなってくると思います。
その時はこの表を参考にしてみましょう。同じ香りの系統、または隣り合った系統の香りをブレンドすると良いと言われています。自分の感覚でいろんなブレンドを楽しんでみましょう。


香りの持続時間

また、香りには香り立ちのスピードに差があります。

トップノート
…揮発性が高く、最初に香りがたちますが、1〜2時間ほどで香りが消えます

ミドルノート
…ゆっくりとした立ちあがりで2時間〜5時間ほど香りが持続します

ラストノート
…5時間〜長いもので数日間香りが安定して持続します

香りの揮発性を表したもので香水などでも使われている言葉ですね、うまく組み合わせることによって、長時間香りを楽しむことができます。 成分一覧表にて確認してくださいね。

なお、香りの持続時間については「香りの時間と変化(ノート)」で詳しく説明されているので気になる方はそちらも参考にしてください。

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」