アロマテラピールームアロマの基本>アロマテラピーの作用

アロマテラピーの作用

アロマには、私たちの身体に色んな作用をもたらしてくれます。ここでは、アロマテラピーの作用について詳しくお話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

アロマには色んな作用があります。自然療法のひとつと思って良いでしょう。
でも、お薬ではありません・・・。人それぞれに身体の症状・心の症状があると思いますが、補助的な療法としてお使いくださいね。

 

心・気持ちへのアプローチ

香りは、心へアプローチをしてくれます。緊張してしまうときには心をほぐしリラックス。他にも集中力を高めてくれたり、やる気を起こさせてくれたり。また泣きたくなるほど心が落ち着かないときには、気持ちを静めてリラックス。その時の心の状態によって香りが働きかけてくれます。

これは精油(エッセンシャルオイル)を嗅ぐと、セロトニン・エンドルフィン・アドレナリンなどが分泌されるため。こられは多幸感・情緒の安定・心の活気付け・鎮静などの効果をもたらす脳内モルヒネと呼ばれる脳内神経伝達物質です。

香りによって刺激される脳の部位は、自律神経・記憶・本能行動・食欲・性欲・睡眠欲・情動などの内分泌系の働きをコントロールしているところ。
これらは心の影響を受けやすく、感情が安定していると円滑に働き、病気にもなりにくいことがわかっています。
自分の心地よいと思う香りがそのときのあなたにぴったりな香りなんですよ。

 

身体へのアプローチ

胃が痛いとき、肩が凝っているとき、高血圧・低血圧の方、生理痛が毎月重くて憂鬱な方・・・そんなときにもアロマは助けてくれるんですよ。

精油成分には免疫系の強化(ウイルスや細菌と戦う力を高める)・血液やリンパの流れを良くする・各器官の刺激をして働きの向上を促す、などの効果が知られています。

精油の作用とトリートメント(マッサージ)での刺激は、より効果を発揮します。

 

肌へのアプローチ

毛穴が気になる、乾燥が気になる!女性にとって肌のコンディションはとにかく大事。コンディションしだいで気持ちさえも変わってしまう。そんなお肌にも手助けをしてくれちゃいます。

殺菌消毒効果で、ニキビや吹出物にお悩みの方にも!他にもリラックスすることで血管が拡張し、ターンオーバーの活性化にもつながります。

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」