イランイラン(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


イランイラン

マレー語で「花の中の花」という意味を持つイランイラン。感情をほぐし高揚させ、多幸感あふれる気持ちへ…。また催淫効果が高く、昔から異性を陶酔させる香りとして愛されてきました。女性にも男性にも効果あふれる精油です。

最近はかなり有名なった精油ですね。

スポンサーリンク
学名:
Cananga odorata(カナンガ オドラタ)
科名:
バンレイシ科
抽出部位:
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
抗うつ・抗不安・抗痙攣・催淫・血流促進・血圧降下・加温・抗炎症・抗菌・抗ウイルス
香りの種類:
オリエンタル系
ノート:
ミドル〜ベース
香りの度合:
強い
相性の良い精油:
オレンジ・グレープフルーツ・サンダルウッド(白檀) ジャスミン・ネロリ・バーベナ・ローズ・ベルガモット・メリッサ・ ラべンダー・レモン・ローズウッド・ミモザなど
※注意・禁忌※:
強い香りのため、過度の使用は吐き気・頭痛を引き起こします。
血圧降下の効果があるため、低血圧の方は避けてください。
心への作用:
落ち込み、緊張・不安、神経過敏、自律神経失調症、うつ状態、怒り、パニック、不眠などに。心の内側からあふれてくる多幸感で高揚する効果が。
身体への効果:

女性ホルモンのバランスを整えてくれます。月経痛がひどいときや更年期障害など、女性特有の心と身体のケアに効果絶大です。男性特有のお悩みにも。

肌への作用:
皮脂分泌調整作用が高く、乾燥肌・オイリー肌ともにおすすめ。
また育毛効果もある。

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報