カモミール・ローマン(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


カモミール

日本ではカミツレと呼ばれ、古くから愛されているハーブのひとつです。カモミール・ローマンともうひとつ、カモミール・ジャーマンがあります。ローマンは多年草、ジャーマンは一年草です。カモミールの名前の由来はギリシャ語で「chamaemellon」大地の林檎からきていると言われています。さほどの効果のちがいはありませんが、ローマンのほうがよりマイルド。

ローマンは心へ、ジャーマンは身体・肌への作用が高くでます。

スポンサーリンク
学名:
Anthemis nobilis
科名:
キク科
抽出部位:
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
鎮静・鎮痛・血圧降下・消化促進・抗炎症・抗アレルギー・抗菌・抗ウイルス
香りの種類:
フローラル系
ノート:
ミドル
香りの度合:
かなり強い
相性の良い精油:

アンジェリカ・イモーテル・グレープフルーツ・ゼラニウム・ネロリ・ベルガモット・ラベンダーレモン・フランキンセンス など

※注意・禁忌※:
・妊娠中は避ける
・低血圧の人は使用しない
・香りが強いので量には充分注意をする
・キク・ブタクサアレルギーの人は避ける
・抗精神薬・鎮静剤・睡眠剤との併用はしない
心への作用:
中枢神経を鎮静させます。ショックやパニック、過剰なストレスを抱え込んでしまったときなどに。お子様への芳香浴にも。
身体への効果:
アレルギー性のある症状(花粉症や鼻炎など)婦人系の悩みはジャーマンを。
肌への作用:
抗炎症・抗アレルギー効果が大変高いため、日本でも昔からスキンケアに使われてきました。かゆみや炎症を抑え、皮膚の再生を促します。効果はジャーマンのほうが高い。

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報